スタッフブログ

9/30(日)に当院待合室にて、防災トレーニングセミナーを開催しました。

 

 

台風襲来前でしたが、何とか天候も落ち着いており、4頭のワンちゃんと飼い主様が参加されました。

 

 

講師は「犬そだての教室Kokua」でドッグトレーナーをされている鈴木真由美先生にお願いしました。

 

 

鈴木先生は、石巻市社会福祉協議会主催の犬との幸せ講座で、犬のしつけやお悩み相談などの支援に参加していらっしゃいます。実際に被災地に行かれている先生のお話は、説得力があり、スタッフも聞き入っていました。

 

 

今回はいざという時に備えてのクレートトレーニングを行いました。クレートは移動手段としてだけではなく、同行避難時にはワンちゃんの安心できる生活スペースとなります。普段からクレートに入ることが楽しいことだと感じてもらえるようなトレーニングが重要です。参加してくれたワンちゃん達は、クレートの中に入ることができました。クレートは怖いものではないと感じてくれたようで、飼い主さんとのコミュニケーションも楽しんでいるようでした。あとはおうちでの繰り返しの練習で、定着を目指しましょう。

 

 

また当院では、今後も継続して防災セミナーを開催していく予定ですので、今回日程が合わず参加できなかった方は、是非お声がけください。

2018年10月6日更新
武井動物病院は9月をどうぶつ防災強化月間としています。
災害が起きる前に、どの程度シミュレーションし準備できているかが、発生後の生活に大きな影響を与えます。

おすまいの地域の防災マップを確認してみる、自分用・どうぶつ用の防災グッズを点検する、わんちゃんのしつけに再トライする、猫ちゃんにキャリーに慣れてもらう、、、

全てできている方もいれば、これからの方もいらっしゃるかもしれません。
一度にやるのは大変だと思いますので、まずはひとつやってみませんか。
 
 
どうぶつの防災・減災についてはこちらもご覧下さい。
当院オリジナルペット防災健康手帳は、病院受付にて無料でお配りしております。

DSC_0067

2018年9月3日更新

少し前になりますが、

 

2月25日に環境省主催の「人とペットの災害対策シンポジウム」に参加してきました。

 

シンポジウムでは「人とペットの災害対策ガイドライン」の紹介がありました。

 

この新しいガイドラインには、災害時のペットの救護や飼養について、飼い主様による「自助」が基本であることが明記されています。つまり、災害時には飼い主様自身が、おうちの子のケアを行いましょうということです。災害初期は特に混乱するため、すぐに公的支援を求めることが難しく、飼い主様自身が対応する必要があるとのことでした。

 

また、実際に震災の現場で対応にあたった方々のお話をお聞きし、ペットと同行避難した後、避難所などで様々な問題が生じたことを知りました。

 

ガイドラインには、災害時にペットを適切に飼養するには、日頃からの準備が重要であるとも述べられています。

 

「非日常は日常の延長線にある」というパネラーの方の言葉が印象的でした。

 

当院のHPに、「どうぶつの防災・減災」のページを追加しましたので、日頃の備えの参考にしていただければ幸いです。

 

以下リンクです。

 

http://takei-amc.com/prevention/bousai.html

2018年3月13日更新