がん免疫療法、自己リンパ球活性化療法、樹状細胞療法
がん免疫療法、自己リンパ球活性化療法、樹状細胞療法

おうちの子にはできるだけ長生きしてほしい、元気でいてほしいというのはご家族皆様が思うことでしょう。

実際、どうぶつ達の平均寿命は獣医療の進歩により年々伸びてきています。

その高齢化に伴い増えてきている病気が「腫瘍」、一般的に「がん」と呼ばれているものです。

腫瘍細胞は、健康に見えるからだの中であっても1日に何個も出現しています。
それを撃退するのが免疫系の細胞(リンパ球や樹状細胞など)です。うまくその免疫系が働いているうちは、肉眼で見えるような腫瘍は出てきません。
腫瘍の増殖スピードが速かったり、腫瘍の出す物質やどうぶつの体力低下により免疫系が破綻したりした時に初めて腫瘍が発見されるのです。
つまり、肉眼で見えるようになった腫瘍は、かなり進行してきたものということです。

それでは、どうやって腫瘍を治療していくの??

治療方法として、大きな柱が3本あります。

  • 手術で切り取る「外科療法」
  • お薬で叩く「化学療法」
  • 放射線を当てて細胞を倒す「放射線療法」です。

まず、腫瘍に対してはこれら3つの治療が適応できるかどうかを考えます。それで治るものであれば、もちろんそれが一番です。しかし、全身麻酔が必要であったり、副作用が強かったりしてこれらの治療ができない場合があります。

そういった場合に注目されているのが、第4の治療法「免疫療法」です。
免疫療法は様々な治療の総称ですが、当院では特に副作用がほとんどなく、からだへの負担が少ない「活性化リンパ球療法」「樹状細胞療法」を実施しています。
これらの治療では、免疫系の細胞を特殊な操作で増やすことにより、腫瘍に対する抵抗力をつけていきます。

活性化リンパ球療法(CAT)の流れ(完全予約制)

この治療は、免疫細胞の中で兵隊のはたらきをするTリンパ球を増やす治療です。Tリンパ球が活性化することにより、腫瘍細胞を攻撃し、腫瘍の転移、再発が抑制できると言われています。副作用がほとんどないこと、痛みや不快感を取り除く作用があること、他の治療と併用が可能なことが特徴です。

① カウンセリング

腫瘍の診断および全身の状態の把握をするため、血液検査、X線検査、超音波検査などを行い、免疫療法ができるかどうか判断します。

② 診察、検査

家での状態や、今までの治療、今後の治療希望などをお聞きし、治療についてご説明します。

③ 結果説明、治療計画

検査結果により、免疫療法の適応と判断されれば、今後の治療計画を組み立てていきます。免疫療法の適応でないと判断された場合、別の治療を提案いたします。

④ 採血

午前中にお預かりし、処置を行い、午後のお迎えとなります。細菌の混入を防ぐため、部分的に毛刈りをして採血を行います。採血量は約12mlで、からだへの負担は特にありません。

⑤ 細胞培養

武井動物病院内の細胞培養室で、2週間培養を行います。その間、Tリンパ球の増え具合や異物混入など逐一チェックします。この2週間でTリンパ球は約1000倍になります。

⑥ 細胞注入

再び午前中にお預かりし、静脈点滴を行います。その後、静脈点滴内に増えたTリンパ球を注入し、午後まで異常がないか様子を見ます。異常がなければその日に家に帰って普段通りの生活ができます。

樹状細胞療法の流れ(完全予約制)

樹状細胞療法

樹状細胞は、腫瘍の顔を覚えて、兵隊であるTリンパ球に「この腫瘍を攻撃するんだよー」という指示を出す司令官のような細胞です。
腫瘍の顔を覚えている分、腫瘍をより特異的に攻撃することができるので、活性化リンパ球療法と併用すると、相乗効果でより高い効果が期待できます。

治療の流れは活性化リンパ球療法とほぼ同様ですが、樹状細胞療法の場合は、腫瘍に直接、または腫瘍近くのリンパ節に細胞を注入することが必要です。
そのため、腫瘍が肉眼的に確認できること、もしくは腫瘍細胞が手術で採取できることが適応の条件となります。

治療の詳細は病院までお問い合わせください。