レーザー治療
レーザー治療

武井動物病院では30年以上前からレーザーに注目し、臨床の最前線で使用してきた実績があります。

レーザー光とは普通の光とは違いどこまでもまっすぐ進む光で、その光が体の中を通過するときに体をもとの状態に戻そうとする作用があると言われています。これが低出力レーザーに期待する効果です。

一般に低出力レーザーの効果は針やお灸の効果にちかく、なによりもこのレーザーが優れているところは痛みを与えずに治療ができることです。近年では薬剤とレーザーを組み合わせることによる、痛みのない新しい腫瘍治療も研究応用されてきています。

レーザー治療

現在、当院では低出力半導体レーザー、ヘリウムネオンレーザー、高出力半導体レーザーメス、炭酸ガスレーザーメス、ホロニウム・ヤグレーザーなどを治療や手術に応じて使いわけております。

特にレーザーメスは腫瘍摘出手術に有効とされ、切開部位の出血が少なく、さらに腫瘍細胞を切開部周辺に拡散することなく蒸発させてしまうのです。

手術に使用する高出力の切るレーザーから痛みを緩和する低出力レーザーを使いわけて、できるだけどうぶつ達に負担の少ない治療方法を考えております。